イビキ改善に、1番効果があったのはダイエットでした。

35歳専業主婦です。

 

10年程前に父が急逝しました。

 

脳溢血でした。

 

その頃実家にいた私は、夜中に何かの音がして、目が覚めました。

 

母の声も聞こえたので夫婦喧嘩でもしてるのかと思い、また寝ようとしたのですが、その時、父親の異様なイビキが聞こえて、事の異常を察知しました。

 

イビキをかきながら嘔吐している父を見るまえに、119番をした事を覚えています。
そんな私にはイビキはトラウマ。

 

人一倍、神経質になったと思います。

 

その主な犠牲?は主人です。

 

主人のイビキ歴は長いです。

 

結婚したての時は、私も仕事をしていたので、ガーガーいう声が怖くて、また明日に差し支えもある事から、夜中に何度かイビキをとめろと起こした事もありますが、年を経て、彼のイビキも質が変わってきました。

 

以前は振動が私の背中にも伝わってくるほど力強いものだったんが、今のイビキは、どちらかというと高音、地響きがするような力強いものではなく、喉から上顎をつかってうがいのように唸っているようなカラカラカラしたものです。

 

寝ているところを起こされる!というほど大きくはないけど、こっちの寝が浅くなった瞬間、聞こえ出し、耳について離れない…そんな感じの、遠巻きな迷惑加減です。

 

いや、寧ろ、イビキの音よりも、軽快に響いていたイビキが不意にピタリと止まった時の方が怖くて目が開きますよ!

 

旦那は34歳の会社員。

 

主にデスクワークで体重は101キロ好きな食べ物はお肉とお酒とお米。

 

もともと若干の鼻炎持ち。

 

本人もイビキに関しては自覚があるようで、朝になると申し訳なさそうに謝ってくれます。

 

本人曰く、眠りが浅い明け方など、イビキの音が自分で聞こえる、との事。イビキは無呼吸との関係があるだの、眠りの質が悪い証拠だの、騒音よりも根が深い問題が多そうなので、そっちのほうが心配です。

 

特に、お酒を飲みすぎたときはイビキが大きくなる気がします。

 

いままで、右側をしたにして横向きに寝てみたり、マスクをつけてみたり、鼻…眉間の少し下あたりをテーピングしたりしてみたけど、どれも効果はいまひとつでした。

 

右側を下に寝ても、寝はじめにすぐ仰向けに戻ったり、マスクは夜中に無意識でとっていたり…。テーピングはメンドくさいとしなくなったり!

 

イビキ改善に、1番効果があったのは案の定、ダイエットでした。

 

いつも目標体重までは続かず、頻繁にリバウンドを繰り返し、体重の増減が激しいのですが、毎回ダイエットを始めて、体重が1キロ落ちると途端にぱったり止むのが不思議です。

 

やっぱり、少なからず、健康のバロメーターなのでしょうかね?

 

父親のようなイビキを2度と聞くことがないように、そろそろ本腰を入れて痩せさせようかと思います。